Home Page

子供のころは昆虫少年、最も尊敬する人として皆が父親・母親を挙げるなか、迷わずファーブルと書いた少年は、大人になるにつれて昆虫に対する興味とともに、何かに感動する心をどこかに置きわすれてしまった。そして一眼レフとの運命の出会い、被写体として昆虫と向き合ううちに昆虫に対する興味がメラメラと再燃、それとともに、感動する心も少しずつ戻ってきているかな。そして日本での職を捨てての南仏への移住、ファーブルが生まれ育ち、そして昆虫記を執筆した場所、ファーブルの霊が乗り移ったかのようにさらにディープな昆虫の世界へ。昆虫の世界は、面白い!楽しい!そんな私の感動が少しでも伝わるような、そんな写真・文章をお届けできればと思います。2011年6月に日本に戻りましたが、長年親しんだサイト名なので、このまま使わせてくださいね。

© I. Suzuki 2011